2016年08月27日

1/32 ミーティア 完成

HKモデルのミーティアに別売りデカールを使用しました。
パーツ点数は控えめのキットなのですが、表面の情報量は中々のものです。同社のモスキートほどの先進的設計ではないのですが、最先端キットの1つだと思いました。
 
IMGP2805.JPG

IMGP2807.JPG

IMGP2808.JPG

IMGP2806.JPG


posted by まいど! at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

1/72 グリペンC 完成

 レベルのグリペンが完成しました。
 先代のビゲンに比べると明らかに小型の機体です。小型で安価かつ高性能な機体の位置づけです。今年五月には拡張型のグリペンE/Fがロールアウトしています。
 絶対的性能は置いておいて、F-22及びF-35よりも、ユーロファイター&ラファール&グリペンの欧州カナードデルタ御三家の方が個人的には好きです(笑)

IMGP2809.JPG

IMGP2810.JPG

IMGP2812.JPG

IMGP2811.JPG


posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

ハプスブルク家 江村洋

エリザベートでハプスブルク家に興味を持ったので読んでみました。
ローマ教皇と並んで、汎ヨーロッパ的性格を持つハプスブルク家の歴史を追っています。エリザベートでは、最後の皇帝フランツ・ヨーゼフも出てきています。劇中ではフランツ・ヨーゼフの弟の話は出てきませんが、弟も悲劇的な最後を遂げています。
ハプスブルク家の歴史を見ると現在のヨーロッパ、特に中欧から東欧の理解にも役立ちそうです。
ちなみに宙組エリザベートはこの本を読了前に見たのですが、大きな演出変更はないにも関わらず印象が違ったのは、フランツやゾフィーのハプスブルク家よりの演技がハプスブルク家の歴史を踏まえたものだったのかな?という気がしました。
  • 20160825225617000.jpg
posted by まいど! at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・公演・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

PS-290 グリップ装着化

 エアブラシは数本持っていますが、最も大口径なのがこのクレオスのPS-290です。
P8230028.JPG
 0.5mmと大口径ですがクレオスのリニアコンプレッサー系列でも吹けるというものになっています。現在はAPC-018にエアタンクを接続していますが、L5でも問題なく使用できていました。
 さて、このPS-290は非常に気に入っていたのですが、一つだけ不満がありました、それは「グリップがない」という事です。そこでアレがアレなのでああすればああなるだろうという事で(一応自粛)、
 これを装着します。アネスト岩田のトリガーグリップを使用します。
P8230027.JPG

で装着します。
P8230029.JPG
 おおぴったり。






posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

1/700 イギリス軽巡洋艦オーロラ 完成

 フライホークのオーロラが完成しました。
 イギリスらしいシルエットの艦で、「個人的には」大変魅力的です(笑)

IMGP2801.JPG

IMGP2804.JPG

IMGP2803.JPG

IMGP2802.JPG
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする