2018年08月30日

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 7

マスキングしてからオーシャングレーを塗装しました。この後ライトグレーの塗装になります。
DSC02133.JPG
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 6

 再度処理をしてから再度サフを吹いて、更にデッキブルーから塗装を開始しました。
 説明書の指示では水平面は全面デッキブルーなのですが、実際にはデッキブルーとオーシャングレーのようです。

DSC02125.JPG
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

1/350 アメリカ海軍大型巡洋艦「アラスカ」 5

黒帯とヘイズグレーを塗装しました。指定では1944年のMS31なのですが、搭載機に少し問題があるので1945年のMS22にして制作します。
DSC02119.JPG

艦尾の機銃座の防弾板の艦尾と一体になっている部分は最初ヘイズグレーだと思っていたのですが、どうもネービーブルーのようです。
posted by まいど! at 16:56| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 5

サフを吹きました。各所のハッチはマスキングで持っていかれそうなので、基本塗装後に取り付けます。

DSC02118.JPG

船体の段差も概ね消えているんですが、もう少し残っているので再度処理します。
posted by まいど! at 16:53| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

1/350 アメリカ海軍大型巡洋艦「アラスカ」 4

 艦底とネービーブルーを塗装しました。0.4m口径のエアブラシで塗りましたがこの大きさだと缶スプレーの方が手っ取り早いかもしれません。
DSC02115.JPG
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 4

 ファイブスターのエッチングが相変わらずよくわからん説明書なのですが、まずは確実な部分を取り付けました。
艦橋トップはマスキングの関係で後からにします。
DSC02114.JPG
 元々のモールドはメリハリはありますが、舷窓などは大きすぎな印象でした。このエッチングで一気に解決できます。
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 3

 船体の処理が完了しました。構造物は仮置きです。
DSC02113.JPG
バルジ?の処理以外に、艦首フェアリーダーの開口やうすうす攻撃、それにかなりわかりにくい箇所ですが、甲板の端を丸めてあります。手すりを取り付ける部分でもあるので、実艦よりも控え目に丸めてみました。

DSC02113-2.JPG
 構造物は大半にエッチングを貼ることになるので、側面モールドを削り落としました。
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 2

船体の処理を進めます。どうしてもわずかな段差が出てしまったので、ラッカーパテを塗ります。乾燥後に整形しましょう。
DSC02110.JPG
posted by まいど! at 22:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/350 アメリカ海軍大型巡洋艦「アラスカ」 3

船体底側の処理が完了しました。艦底艦尾側の構造を見るとアラスカがサウスダコタやアイオワという戦艦タイプではなく、クリーブランドなど巡洋艦の拡大だなぁと思います。
DSC02109.JPG
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

ドラゴン 1/700 防空巡洋艦 サンディエゴ 1 

 ドラゴンのアトランタ級防空巡洋艦 サンディエゴをスタートします。
 このキットは元々はピットロードのもので、金型がドラゴンに流れたものです。現在の目で見ると艦橋の構造や対空兵装の配置から、そのまま1944年ごろのサンディエゴとするには少々厳しいので、ファイブスターモデルのディテールアップパーツを投入します。
 まずこのキットはバルジがなかなかにでかいので、
DSC02105.JPG

しばらくぶりにスキヤキやすりを引っ張り出して削り倒します。
DSC02106.JPG



posted by まいど! at 16:33| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする