2019年03月30日

トランぺッター 1/350 イギリス海軍駆逐艦 エスキモー 6

エッチングも組み込みつつ、煙突や主砲・発射管なども取り付ていきます。

DSC03019.jpg
posted by まいど! at 17:04| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレンジホビー 1/700 イギリス海軍空母 ハーミズ(1970s) 2

 喫水部にナットを仕込んだプラ板を接着しました。

DSC03020.jpg

接着後にファンテックのカービングヒートペンで大まかに切断しておきました。
posted by まいど! at 17:02| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブレンガン 1/72 メッサーシュミット bf-109T-2

久々のドイツ機です。
IMGP4342-Edit.jpg


メッサーシュミットbf-109といえば第二次大戦のドイツ空軍の主力戦闘機です。度重なる改修を受けつつ第二次大戦末期まで戦い抜きました。
この中で異端児ともいえるのがこのT型です。ドイツ海軍が空母グラーフツェッペリンを計画したので、艦上戦闘機として開発されました。
主翼が延長されているのが最大の特徴で、約1m延長されています。グラーフツェッペリンが建造中断、後に中止されたので、陸上戦闘機として運用されました。T-2はT-1で装備されていた着艦フックなどを撤去したタイプです。

 ブレンガンのキットです。T型のキットは48では確かアカデミーのキットがあったと思いますが、72では15年位前にハセガワが限定版を出したきりだと思います。
 現代の大手メーカーのインジェクションキットと比べてはいけませんが、一昔前のスペシャルホビーとかAモデルとかに比べればまだ何とかなる方です(笑)。でもパテまみれにはなりました。説明書は参考までにって感じで、あてにはなりませんでしが。

DSC03003.jpg


塗装はドイツ空軍の第二次大戦中期の標準的な塗装です。モットリングは0.2oのエアブラシで行いました。

IMGP4345-Edit.jpg
IMGP4348-Edit.jpg
IMGP4351-Edit.jpg
IMGP4339-Edit-2.jpg
IMGP4357-Edit.jpg
IMGP4354-Edit.jpg
IMGP4360-Edit.jpg




 
posted by まいど! at 15:11| Comment(0) | 航空機模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

オレンジホビー イギリス海軍空母 ハーミズ(1970s)

オレンジホビーのイギリス空母ハーミズをスタートします。
DSC03012.jpg

元々セントー級の空母だったのが紆余曲折の末、数年前まではインド海軍の空母として活躍していました。
オレンジホビーのキットは現代の高品質レジンキットの代表ともいえるメーカーで、箱組とか合わせ目消しが無い分プラモデルよりもむしろ作るのが早いのでは?と思ってしまうほどです。お値段はレジンはレジンなのですが(笑)

DSC03013.jpg


こういう抜き方のレジンはあまり見たことがないのですが、気泡を避ける意味でもこういう向きで抜いているのだと思います。これだとそれほど苦労せずに切断&処理できますしね。
 船体には気泡はほぼありません。

ニッパー、エッチングソー、棒やすりを使って注入口?を切り取りました。

DSC03016.jpg

ベースに固定しますので、プラ板で喫水板を作ろうと思います。
posted by まいど! at 22:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランぺッター 1/350 イギリス海軍駆逐艦 エスキモー 5

船体に主要構造物を取り付けました。

DSC03017.jpg

更に主要装備品を組み立てていきます。
DSC03014.jpg

現段階では離型剤はそこまで残っていないですね。
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオシマ 1/700 日本海軍水上機母艦「千歳」 完成

アオシマの千歳が完成しました。
IMGP4306.jpg

エッチングは純正のものが手に入らなかったので、トムスモデルのものを使用しました。

高角砲はヤマシタホビー、機銃はファインモールドのものに交換しています。

IMGP4308.jpg

IMGP4307.jpg

IMGP4309.jpg
posted by まいど! at 09:09| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

トランぺッター 1/350 イギリス海軍駆逐艦 エスキモー 4

 船体の基本塗装が完了しました。

DSC03010.jpg

甲板=Mrカラー331
ミディアムグレー=Mrカラー335
ライトグレー=Mrカラー338

です。
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

トランぺッター 1/350 イギリス海軍駆逐艦 エスキモー 3

 サフを吹いてちょっと修正してから塗装を開始します。まずは艦底色を

DSC03007.jpg

また艦橋の一部に木甲板があるのでホワイト→タンを塗っておきます。
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

トランぺッター 1/350 イギリス海軍駆逐艦 エスキモー 2

 艦首の追加工作が完了しました。

DSC03001.jpg
 
 まあまあこれくらいでよろしかろうと。
 
 更に船体側主要部の処理をしました。
DSC03000.jpg
 
 ここでパーツ洗浄します。
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

トランぺッター 1/350 イギリス海軍駆逐艦 エスキモー 1

トランぺッターのエスキモーを始動します。


 「このキットでは艦首のシアーが足りないので、正確な模型を目指す人は艦首を3o上げて直そうね」(私の適当訳)とホワイトエンサインのエッチングに書いてはあるのですが、側面からの簡単なイラスト一枚です。これだけでどうしろと、ホワイトエンサインだからな(笑)
 この艦はイギリス海軍艦船の公式図面集にも含まれているのでその図を参考にシアーラインを構築します。

DSC02992.jpg

2mm のプラ棒を挟んで艦首を上げます。

DSC02993.jpg
 
 0.75oのプラ角棒を周りに接着します。乾燥後に整形しましょう。
posted by まいど! at 16:53| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする