2019年05月31日

伊勢志摩旅行記2〜パルケエスパーニャ

鵜方で「しまかぜ」を降りてから、バスで志摩スペイン村 パルケエスパーニャに向かいました。

DSC03290.jpg
そもそも一日目の昼食を決めかねていたのですが、「まわりゃんせ」を使うので追加料金なしでパルケエスパーニャに入れるので「パエリアがあるなら食べたい」という事からパルケエスパーニャ行を決めました。
私が小学生の修学旅行で伊勢に行ったときにはまだ志摩スペイン村は無かったので、私はパルケエスパーニャも初めてです。妻は家族旅行などで行ったことがあるそうです。

まず荷物も預けずに、ギリギリ間に合ったメインパレードの「アデランテ」を見ました。
DSC03276.jpg
DSC03283.jpg
DSC03284.jpg
DSC03281.jpg
DSC03282.jpg
DSC03277.jpg
DSC03288.jpg
DSC03286.jpg
DSC03287.jpg

その後で荷物を預けてから昼食。本格的スペイン料理店の「アルハンブラ」でお目当てのパエリアを頂きました。
DSC03293.jpg
DSC03294.jpg
DSC03295.jpg

セットで一人前2200円とテーマパーク価格ですが、内容的には十分美味しいパエリアです。本当に炊き込んだもので、「オコゲ」もありました。

その後で、パーク内をうろうろとしつつ、キャラクターショーなども見ました。本当に素敵な風景で、人が少ない事も相まってインスタ映えとしては最高(笑)

DSC03292.jpg
DSC03298.jpg
DSC03299.jpg
DSC03301.jpg
DSC03296.jpg
DSC03303.jpg
DSC03300.jpg
DSC03302.jpg
DSC03309.jpg
DSC03305.jpg


その後でネットで予約しておいたフラメンコショーを見ました。これは本当に素晴らしかった!。大迫力!。ワンドリンク付きで500円ですが、安すぎるやろと(笑)、ショーやダンスを見るのが好きな方なら、パルケエスパーニャに行ったら是非ご覧ください。
 このフラメンコショーは平日でもチケットの余裕はないので、ネット予約をお勧めします。
 ショーは撮影禁止ですが、ショーの後で撮影会?みたいなのがあります。DSC03323.jpg
DSC03317.jpg
DSC03321.jpg





パルケエスパーニャといえば

「混雑してないから遊び放題」

という自虐ネタで一躍有名になりました。

実際に行った感想ですが、「USJなどに比べると(某ネズミーランドは私は行ったことがない)楽しみ方が限られる」という欠点はありますが、私の楽しみ方なら半日は十分に楽しめるものでした。キャストとゲストの距離は近く、ハイタッチなどもしてくれます。またこれは強調しておきたいのですが、

パルケエスパーニャのキャストはゲストを楽しませる精神も技術も十分にあります。


何かのレビューで見たのですが、これだけのキャストなのでもう少し人が来ても良いのになぁと思いました。

アトラクションの待ち時間は私が見た限りありませんでした。

 関西からパルケエスパーニャのみの旅行は時間を持て余すような気がしますが、以下の条件に2つ以上当てはまる人で、なおかつ「伊勢志摩旅行で他に行く場所がある」場合、半日で値段分以上に楽しめるでしょう。

1 パレード&ショーが好き
2 スペイン風風景が好き
3 絶叫系アトラクションが好き
4 人混みが嫌いだが、テーマパークには行きたい
5 アトラクションを待つのが嫌い
6 パレードやアトラクションを「遠くからより近くから見たい」
7 小さいお子様連れ
8 「まわりゃんせ」を使う

パルケエスパーニャの欠点は大きく2つ

1 有名キャラクターがいない
2 中学生以上で、絶叫系アトラクションが苦手な場合、楽しめるアトラクションが少ない

特に2が結構大きな欠点です。高校生位で絶叫系アトラクションが苦手な場合ちょっと辛いかなと思いました。

個人的見解ですが、世界観的に近いワンピースなどの強力なキャラクターを持ってくれば大ヒットするのではないかと思いました。可能なら凍結されている志摩磯部からの船でのアクセスにサニー号やメリー号タイプを投入すれば・・・と思います。

posted by まいど! at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

伊勢志摩旅行記1〜「しまかぜ」往路

伊勢志摩旅行に行ってまいりました。

今回の旅の大きな目的は
一年半前に訪れて気に行っているリゾートホテル プロヴァンス

http://www.kashikojima.com/provence/

へ行く事と、近鉄の誇る観光特急「しまかぜ」

https://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/

に乗車することです。
 
今回「まわりゃんせ」という近鉄の企画切符を使用しています。この「まわりゃんせ」は往復乗車券+往復特急券+フリー区間乗車券+フリー区間特急乗り放題+パルケエスパーニャなど多くの施設の入場券というお得なものです。

「まわりゃんせ」を発売している旅行会社の一つ近畿日本ツーリストで聞いたところ「宿泊セットでなければしまかぜの事前予約不可」という回答でした。また近鉄特急のインターネット予約はネットで決済する場合は「座席指定」ができるのですが、駅での支払いの場合は座席指定はできない仕様になっています。

「しまかぜ」の切符は平日であってもそもそもプラチナチケットという前提もありましたので、不確定要素がある「発売日に近鉄の切符売り場に並ぶ」は断念した上で、「まわりゃんせ」の往復特急券は敢えて使わないという事でネットで予約しました。
 
 発売日時は1月前の10時30分でパソコンに張りつきました。決済まで行かないと予約は確定しないので、取れたと思ったら取れなかったを数回繰り返しつつも、なんとかハイデッカー車を取る事ができました。これが概ね50秒位。プレミアムシート(しまかぜ」の通常シート)のうち二人掛け席(「しまかぜ」のプレミアムシートは2+1)は90秒後にはほぼ全席売り切れ状態になっています。復路も「しまかぜ」ですが、それはまた別の話にします。
「しまかぜ」恐るべしです。なおこれから「しまかぜ」に乗車される場合のアドバイスです。

1 2号車・5号車はツアー客用で発売時点でほぼ売り切れ状態
2 往路の二人掛け座席は平日でも1分勝負
3 予約は「決済完了」まで確定しないのでクレジットカード情報などは事前に登録を
4 実は平日復路の方がまだ取りやすいので往路がダメでも復路を狙う
5 大阪・名古屋発の方が混雑するので、大阪から乗車の方は大和八木か西大寺からの京都発を狙うのもあり。特に「鉄ヲタ」の方は西大寺から乗れば「新ノ口連絡線」(橿原線から大阪線への短絡線、おまけに連絡線にある保線基地も見ることができる!)を体験できる数少ない列車ですのでお勧めです。



という事で京都駅での「しまかぜ」です。
DSC03257.jpg
DSC03259.jpg

とても綺麗な色で期待が高まります。
車内は広々としており、とてもゆったりしています。「しまかぜ」の車内用のWi−Fiがあり、前方の映像と現在の速度(少しタイムラグがあります)も見ることができます。

 「しまかぜ」の最高速度は130q/hですが、京都線橿原線ではそんな速度はほとんど出ていません、ほとんど70q/hから80km/hです。流石に大阪線の桜井を出てからはぶっ飛ばします(笑)

車窓はこんな感じ、ピントあってません(笑)
DSC03263.jpg


1号車プレミアムシートに座っていたのですが、隣の一人がけに座った方がちょっと残念な方(大音量でタブレットで動画を見だした)だったので、名張を過ぎたあたりからカフェ車両へ移動。
メニューはいろいろあったのですが、結局軽い食べ物と飲み物にしました。これから行く伊勢名物「赤福」二個入りです(笑)、それも夫婦で二個。
DSC03264.jpg

中川家のネタでも出てくる「このカーブ最高でございます!」の中川短絡線を見つつ

DSC03265.jpg
DSC03266.jpg
DSC03267.jpg
DSC03268.jpg

鳥羽を過ぎる辺りまでカフェ車両から車窓を眺めました。

DSC03269.jpg
DSC03270.jpg

「しまかぜ」は鵜方まで乗車しました。







posted by まいど! at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

NIKOモデル 1/700 スプリングフィールド 1970 7

ボート置き場などを作りました。

DSC03235.jpg

エッチング+レジンなのですが、微妙に合わないので現物合わせで調整しつつ

posted by まいど! at 19:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

NIKOモデル 1/700 スプリングフィールド 1970 6

イルミネータなどを取り付けました。

DSC03231.jpg

 このタイプのイルミネーターは個人的にお気に入りです(笑)
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

フライホーク イギリス海軍駆逐艦 ケリー 2月

船体の基本塗装とスミ入れが完了しました。

DSC03223.jpg
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NIKOモデル 1/700 スプリングフィールド 1970 5

ラッタルなどのエッチングを取り付けていきます。

DSC03222.jpg

ラッタルのエッチングは全箇所共通の長さですが、レジンパーツの該当箇所に合わせるとそれぞれ長さが違うので現物合わせで長さを整えつつ取り付けました。
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

フライホーク イギリス海軍駆逐艦 ケリー 1

フライホークの新製品のケリーです。

フルハルでのご依頼なので、まずはネジを仕込んでから船体を接着します。


DSC03210.jpg



 ブルワークの薄さなどいつものフライホークです。ま、もちろん、接着面積が小さすぎる部分もあるので、1/700でこれがベストの構造なのかどうなのかは議論のある所だと思いますが、ディテール優先設計という事でよろしいのではと思います。

posted by まいど! at 16:48| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NIKOモデル 1/700 スプリングフィールド 1970 4

船体側の塗装が完了しました。スミ入れはまだですけども。これで主要部は完成になります。

DSC03204.jpg

出来の良いレジンキットはプラモデルよりむしろ楽ですね、高いけど(笑)
posted by まいど! at 16:45| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

NIKOモデル 1/700 スプリングフィールド 1970 3

 木甲板部分をマスキングしてから甲板色を吹きました。
 甲板色はMrカラー305にしています。

DSC03204.jpg
posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

NIKOモデル 1/700 スプリングフィールド 1970 2

 船体にサフを吹きます。レジンなので下地材必須です。透け止めも兼ねてガイアノーツのメカサフライトを吹きます。処理ミスなどを修正してから再度サフを吹きます。
 その後で木甲板部分にホワイト→タンと塗装しました。

DSC03194.jpg

posted by まいど! at 19:00| Comment(0) | 艦船模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする