2019年02月05日

タミヤ 1/35 M551シェリダン

新製品のタミヤのシェリダンが完成しました。

IMGP4124-Edit.jpg

 「こち亀の両さん」も持っているはずのシェリダンは50歳前後のモデラーには特別な感慨のある戦車ではないかと思います、私も大昔にリモコン戦車で作った記憶があります。何より主砲からミサイルも撃てるというのが何ともSF的で子供心に刺さりました(笑)

 最近タミヤは自社のベテランのAFVキットをリニューアルする方向性を打ち出しているように感じます。とても作りやすいキットの上に、主砲の上下可動の方法やスモークディスチャージャーの組み方など革新的なものも取り入れており、「最近の考証とモールドでやりなおしましたよ」というだけのものになっていないのが素晴らしい部分です。


 専用のディテールアップパーツを使用しました。前面のワイヤーネットは特にエッチングの威力が大きい部分でした。
 
 レッドブラウンの下地にタミヤの瓶入りラッカー系塗料のオリーブドラブの明度を変えつつ基本塗装を行いました。グランドブラウンでウォッシング後にデカールを貼って、再度シャバシャバのオリーブドラブを全体に吹いて、つや消しクリアー。ウェザリングマスターでウェザリングで完成です。
IMGP4130-Edit.jpg
IMGP4127-Edit.jpg
IMGP4142-Edit.jpg
IMGP4133-Edit.jpg
IMGP4136-Edit.jpg
IMGP4145-Edit.jpg


posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

タミヤ 1/35 16式機動戦闘車

タミヤのMMが今月50周年を迎えました。そのMMの現状で最新作です。
IMGP2917-Edit.JPG
タミヤらしくとてつもなく組みやすいキットです。主砲のマズルブレーキはパッションモデルのものに交換しました。
カーボンブラックで影色を入れてから、塗装はタミヤの瓶入りラッカー系塗料を使用しました。スモークグレーでシャドウを入れてからウォッシング、デカール、つや消しクリアー、ウェザリングマスターでウェザリングです。

IMGP2922-Edit.JPG
IMGP2935-Edit.JPG
IMGP2930-Edit.JPG
IMGP2938-Edit.JPGIMGP2926-Edit.JPG
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

アルティメットニッパーを研ぎに出してみた2

まず、そもそも論です。
アルティメットニッパーは旧版と新版で材質も構造も違うので、新品状態での切れ味の比較はあまり意味がありません。しかし、明らかに旧版の研ぎ直しで切れ味はかなり復活しています。
また、研ぎを担当してくださった職人さんも明記されて戻ってきます。
ニッパーを高精度で研げるという凄腕の方や切れ味の良いニッパーをバンバン買える方は別にして、研ぎに出す意義は大きかろうと思います。

なお、同じように繊細な調整が必要なものとして万年筆のペン先調整があります。大前提として、万年筆は使っていくと手になじむようにペン先が変化するので、ニッパーと同一ではありません。しかし、ペンショップによっては、一本数千円位から調整している事があります。他にメーカー主催やペンショップ主催でペンクリニックを主催していることがあります。
また、刃物屋でも包丁などは研ぎを受け付けてくれます、これも800円から数千円位でしょうか。
個人的に、例えばホビーショーとか各イベントでペンクリニックのようなニッパークリニックみたいなものがあれば面白いなあとおもいました。確か以前はエアブラシはエアテックスがイベントで修理調整していた記憶があります。

  • 20170206180145872.jpg
  • 20170206180150246.jpg
posted by まいど! at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

タコムのチーフテンのゲート

 P1080010.JPG
このタコムのキットで気が付いたのはアンダーゲートの位置が通常とは異なる事です。
通常アンダーゲートは裏面にきて、表面にゲートが無いのが通常なのですが、このキットではアンダーゲートでも表面にゲートがあり接着面側からゲートを逃がしてあります。
 これはこれで接着面優先で良い設計かもしれません。
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

チーフテン 組み立て中

タコムのチーフテンも組み立てています。

P1060342.JPG

履帯はキットの指定よりも一枚多くしています。

P1060345.JPG

 ここまで進んでいますがエッチングの洗浄を忘れていたので、洗浄と感想が終わってから・・
posted by まいど! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

1/35 イタリア陸軍 B-1 チェンタウロ戦闘偵察車 完成

製作していたチェンタウロが完成しました。
IMGP0326.JPG


 チェンタウロはイタリアが開発した装輪装甲車です。

 南北に長いイタリアのお国柄に合わせた装輪装甲車です。軽装甲ですが、速力が最高速度108km/h、航続力800kmという凄まじいものです。火力も52口径105mmライフル砲を装備しており、かなり強力なものです。
  このチェンタウロは9月の奈良模型愛好会の展示会で展示予定です。
 あともう一つのAFVはタミヤの10式出すよん(笑)

 トランペッターのキットです。
 
 ストレート組です。付属エッチングが若干組みにくい箇所もあったのですが、まずまず作りやすいキットでした。
 塗装はガイアノーツのサーフェイサーエヴォのブラックを下地としてMrカラー303の明度を変えたものでグラデーション塗装です。ウォッシング後にデカール、つや消しクリアー、軽くウェザリングです。

IMGP0323.JPG

IMGP0324.JPG

IMGP0330.JPG

IMGP0329.JPG
posted by まいど! at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

1/35 特二式内火艇(カミ)完成

 制作していた特二式内火艇が完成しました。

IMGP8532.JPG

 特二式内火艇(カミ)は海軍陸戦隊の水陸両用戦車です。
 前後にフロートを装着しての上陸作戦での使用を想定されていました。また、ウィキペディアによれば、多号作戦の第9次作戦に、二等輸送艦に搭載されてオルモック湾の逆上陸策戦に投入されているようです。ちなみに「竹」が奮戦したオルモック夜戦は第7次作戦です。

 艦船モデラーにとっては特二式といえば、何と言ってもタミヤの輸送艦セットについているフロート付の姿を思い出すので、昨年の秋のホビーショーで「特二式内火艇」のパネルが展示されていてもピンと来なかったのも事実です(汗)。

 サイバーホビー/ドラゴンのキットです。説明書以外はかなり良く出来たキットです。カミ用のマジックトラックも出ているようなのですが、今回はキット付属のドラゴンスチレン製のベルト式の履帯を使用しました。

1 サーフェイサーグレー+サーフェイサーブラックを、ほぼガイアノーツのジャーマングレー位の色に調合して全面に塗装
2 シャドウ部と転輪のゴム部にカーボンブラックマットを細吹きで塗装
3 クレオスの軍艦色2でシャドウ部を残しながら塗装
4 薄めた軍艦色2を全面に塗装
5 シャドウ部にスモークグレーを塗装
6 軍艦色2+ホワイトを二段階くらいでハイライト部に塗装
7 転輪のゴム部などを再度カーボンブラックマットの細吹きでトリミング
8 薄めた軍艦色2を全面に塗装

で この後ブラック+ジャーマングレーでウォッシング。デカール、つや消しクリアー、ウェザリングマスターでウェザリング、シルバーで軽くドライブラシ。

 の順です。個人的にはスクリューのゴールドがグロスのままだったのがちょっと目立ちすぎかな???という感じです。逆につや消しにするのもなぁ・・・・という感じなんですが(汗)

IMGP8530.JPG

IMGP8536.JPG

IMGP8535.JPG



posted by まいど! at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

1/35 W号戦車G型完成

W号戦車G型が完成しました

IMGP7349.JPG

 ドラゴンのドイツIV号戦車 Ausf.G LAH師団 ハリコフ1943です。スマートキットです。
 ジャーマングレーの単色塗装にしてみました。

 ジャーマングレーはMrカラージャーマングレー+軍艦色2+ホワイト+蛍光ブルーです。
 基本塗装の後にスモークグレーでシャドウ、基本色にホワイトと蛍光ブルーを追加しながらハイライトを入れています。その後ブラック+ジャーマングレーでウォッシング、デカール、つや消しクリアーです

 ウェザリングマスターとドライブラシで控えめにウェザリングです。


IMGP7351.JPG

IMGP7352.JPG

IMGP7354.JPG

IMGP7355.JPG

posted by まいど! at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

1/72 M3リー完成

 JMC大阪会場の奈良模型愛好会の展示用の品です。

 あーうー、ちょっとパーティングラインが残ってしまった場所もあるんですが、まあいいやと(汗)

 全くストレート組です。

 オリーブドラブ1の基本塗装にシャドウ、ハイライト、ウォッシング、デカール、つや消しクリアー、ドライブラシ、ウェザリングマスターのいつもの工程です(笑)

IMGP7289.JPG

IMGP7292.JPG

IMGP7288.JPG
posted by まいど! at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

1/35 U号戦車B型完成

製作していたU号戦車B型が完成しました

IMGP7249.JPG

U号戦車はドイツの戦車です、大戦序盤は本格的な主力戦車のV号、W号の生産が間に合わなかったため、実質的な主力となりました。

 ドラゴンのキットです。インテリアもエンジン以外はパーツが入っていたのですが、インテリアパーツは使用していません。後はストレート組です。機銃がちょっと曲がってますね・・・・あらら

 塗装 サフ→カーボンブラックマットを下地に行いました

 ジャーマングレーはガイアノーツのものです。明度を変えてグラデーション塗装を行ってから、ウォッシング→つや消しクリアー→ウェザリングマスターでウェザリング、軽くドライブラシです。

IMGP7250.JPG

IMGP7252.JPG

IMGP7254.JPG


posted by まいど! at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする