2011年08月22日

1/24 R32 GT-R 完成

1/24 R32 GT-Rが完成しました。


IMGP8599.JPG

アオシマのキットです。この時期のアオシマのキットは結構しんどい部分がありますな(汗)。
 ボディカラーはブラック+ガンメタルです。多分実車には無い色(笑)・・・・・ていうかティレル020で調合したカラーそのまんま(汗)

 クリアーコートしていつも用に研ぎ出ししました。

IMGP8597.JPG

IMGP8598.JPG

IMGP8600.JPG


 
 GT−Rが完成したのでミニスケ作戦の最後のブツのエアフィックスの88mm砲を始動します。
posted by まいど! at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

FC3S RX-7 アンフィニモデル

RX-7が完成しました


IMGP8184.JPG


 RX-7はロータリーエンジンを搭載したマツダのスポーツカーです。制作したのは二代目のFC3Sの特別モデルのアンフィニモデルです。三代目がアンフィニRX-7なのでかなりややこしいのですが、多分「サバンナ RX-7 アンフィニモデル」で通じるような気がします。


 アオシマのキットです。完全にストレート組です。
 塗装はあれこれ迷った末私の一番好きな色のブルーにしてみました。
 
 サフ→ファンデーショングレー→GXカラーのスージーブルーです。
 研ぎ出しは頑張りました(笑)

IMGP8180.JPG

IMGP8181.JPG

IMGP8182.JPG


 前からの画像が一枚ないのですが、撮影ミスです。ごめん。

 9月の展示会用の作品がこれで一個できました。もう一台カーモデルを作りますが、これはR32GT-Rの予定です。これから梅雨時なので、制作は7月中旬以降になると思います。IMGP8181.JPG
posted by まいど! at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

1/43 スカイラインGT-R 完成

 友人からの依頼で製作していたロッソの1/43 スカイラインGT-R が完成しました。

IMGP7264a.JPG

 43ですから、大きさ的にはこんなんです

IMGP7264.JPG

 ロッソは今は存在していない模型メーカーです。キットは43としての出来は、エンジンもあり、ディテールもパーツの合いも凄いです。ただ、20年ほど前で2500円という結構な値段なので、基本的にマニア層向けなんでしょう。

 ボンネットを取り外せるように(開閉はヒンジの位置からして無理)というオーダーだったので、若干余裕を持たせたんですが、ギリギリになりました(汗)

 ボディーカラーはブラックでクリアーコート後に研ぎ出しをしています。


IMGP7259.JPG

IMGP7260.JPG

IMGP7263.jpg
posted by まいど! at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

1/20 ハセガワ ロータス79 ドイツGP 完成

 ハセガワのロータス79が完成しました

IMGP6982.JPG

 ロータス79は1978年のシーズン中盤から1979年まで実戦投入された、ロータスのF1マシンです。ロータス79は前年のロータス79を空力的に洗練させたもので、強力なグラウンドエフェクトを発生し、78年シーズンでは圧倒的な速さを誇りました。また、美しいボディラインを持ち「ブラックビューティ」と呼ばれました。現在でも「史上最も美しいF1マシンの1台」として愛されています。

 今年の5月末にハセガワとタミヤ両方から発売された1/20のロータス79です。ロータス79は高い人気にも関わらず、エアポケットのようにキットが発売されませんでしたが、今年になって二社から出るという事になりました。
 ハセガワのキットです。タミヤとハセガワの両方のキットのレビューはあちこちで行われている思いますので、割愛します。ただ、両方買った人、そしてどちららかを作った人の意見を総合すると、R模型店のU主任のように

「どちらでも好みでどうぞ」

になるようです。

 ハセガワの純正エッチングを適宜組み込んでいます。DFVエンジンやギアボックスの出来はさすがです。ギアボックスを装着すると「絶対に」見えないクラッチのモールドなど「執念」としか言い様がありません(笑)。

 塗装はサフ→EXブラック→ブルーブラック(フィニッシャーズ)→スーパークリアー3です。カウルは研ぎ出しを行っています。

 カーナンバー5番のマリオ・アンドレッティのマシンです。ドイツGP仕様ですので、JPSのマーキングはありません。


IMGP6984.JPG

IMGP6980.JPG

IMGP6986.JPG

 展示方法はどうしましょうねぇ

全部外してもいいんですけど・・・・・ブラックビューティじゃないな(笑)

IMGP6978.JPG

IMGP6979.JPG


折衷案ですけど、これかな?

IMGP6976.JPG








posted by まいど! at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

1/48 F-5E タイガーU完成

 製作していた1/48 F-5EタイガーUが完成しました

IMGP6828.JPG

 F-5Eはノースロップが開発したF-5Aフリーダムファイターの改良型です。F-5Aフリーダムファイターは極めてシンプルかつ小型の機体で、優れた運動性を持ち、海外供与戦闘機として高い評価を得ました。しかし、ソ連がMig-21を供与し始めると、性能不足が目立ってきた為、改良が行われました。改良点はエンジンの強化とレーダーの装備です。このF-5EはF-5Aに引き続き、海外でも使用されました。また、その卓越した運動性能により米空軍、米海軍の仮想敵機としても使用されました。映画「トップガン」などが有名です。

 AFVクラブのキットです。1/48のF-5Eといえば、古ーーーーーい、モノグラムのキットが存在しているのですが、AFVクラブの新製品として発売されました。
 かなり優れたキットです。表面のリベットはエンジン周りを凸にするなどかなり凝ったものです。1/48としては少々リベットが煩い感じもしたので、ウォッシングは控えめにしてあります。機関砲の開口と、ピトー管を真鍮線+真鍮パイプに変更しています。シートベルトはファインモールドのエッチングです。

 塗装は米空軍のアグレッサー機です。ていうか、この仕様が作りたくてこのキット買いました(笑)

 迷彩はフリーハンドで行いました。もちろん一回では決まらないので、両色をじわじわとトリミングしています。ジャーマングレー+ブラウンでウォッシング後にデカール、つや消しクリアーです。

 当初キャノピーは閉めた状態を予定していたのですが、最後の最後でどうしても胴体と密着しなかったので、開けた状態にしています。

IMGP6826.JPG

IMGP6827.JPG

IMGP6832.JPG

IMGP6830.JPG

IMGP6833.JPG


posted by まいど! at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ヨーロッパ 塗装完了

 ロータスヨーロッパのボディの塗装が完了しました

P1010798.JPG

 EXブラック→ブルーブラック(フィニッシャーズ)です。

 うんうん、なかなかいい感じのブラックじゃないでしょうか。
 一日乾燥させてからデカールを貼ります。ただ、タミヤに予備のデカールを請求したんですが、なんとメーカー在庫切れです。インプレッサの時にも在庫切れだったんですよねぇ・・・・・最近在庫切れ多いぞタミヤ(怒)
posted by まいど! at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ホンダ ビート完成

すんません、最初に謝っておきますが、撮影も三脚を使わず手持ちです(汗)。

IMGP6525.JPG

IMGP6527.JPG

IMGP6525.JPG



 インプレッサのデカールたくさんで「ウキーーーー!」となったので、気分転換にぱぱっとつくったもんなんで(笑)

 ホンダ。ビートは、平成初期に軽自動車のスペシャリティカーとして開発された平成ABCトリオの1つです。Aはマツダ・オートザム・AZ-1、Bがホンダ・ビート、Cがスズキ・カプチーノです。このうちAZ-1とカプチーノは基本的に同じターボエンジンを搭載していましたが、ビートはNAの高回転型エンジンを搭載していました。この平成ABCトリオは現在の中古車市場でも人気が高いです。AZ-1もビートもカプチーノも「軽自動車のスペシャリティカー」という事以外に共通点は少なく、どれも実に個性的な車です。

 アオシマのキットです。まー、ぱぱっと作ったんで、ボンネットの突起を虫ピンに変更した位です(笑)。

 研ぎ出しなどもいつもの手順です。


posted by まいど! at 21:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

あんぎゃあ!HAGEた!〜インプレッサ研ぎ出し

インプレッサの研ぎ出しに入りました。デカールの段差もあるので、まずは1200番で段差を消してからスポンジヤスリの一番細かいもので表面をやすります・・・・が。

P1010105.JPG


 デカールの段差を消すためにヤスッていると・・・・・リアウイングの塗装までやっちまいましたorz。

研ぎ出しはこのリスクを常に負うんですが、ここまで大々的にやったのは久しぶりです(涙)

P1010106.JPG
 あるキットにトラブルが集中したりとキットとの相性というのはあると思うんですが、その点では、今回のインプレッサと私との相性は最悪です、デカールのミス、デカールの在庫なし、落下によるリアウイング破損など、ここまでトラブル続出の製作は久しぶりですorz。

でもって、パーツの洗浄を挟みながらコンパウンドを順番にかけました

P1010107.JPG

 この後、再度パーツ洗浄して、窓枠などの塗装に移ります
posted by まいど! at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

インプレッサデカール貼り完了&F-16タンク関係塗装

 インプレッサのデカールが到着したのでミスして貼れていなかった部分を張っていきます。

 ミスしたのはリアフェンダーで

P1010010.JPG

 ここにこのように貼るわけです

P1010012.JPG

 デカールも前回よりは新しいですから、若干は貼り易いです。デカールの密着はマークセッターを使って、水分などは筆で押し出す方式にします。

P1010013.JPG

 これ、ドアのレバーの部分でちょっとだけデカールがずれてますorz。

 んでもって、デカール貼り完了

P1010014.JPG


 F-16のタンクやパイロン関係でMrカラー308で塗る場所を先に塗りました。

P1010015.JPG

 うーーー、ドロップタンクだけでも面が広くて塗るの大変です。
posted by まいど! at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

インプレッサ足回り完成&ドーリー

 インプレッサの足回りが完成しました

P1000956.JPG

 私的には結構頑張って塗り分けました(笑)。ただ、問題がありまして・・・・・・、これまだ全パーツつけてません(汗)、

こうなります。

P1000957.JPG

 んーーーーーーーーー(汗)

 ジャッキアップした状態で展示を予定しているので、せめてフロントかリア側だけでも外した状態にしましょうか・・・チラリズムで(笑)。後でも接着できますから、まずはこの状態で、内装を進める事にしましょう。

 それからF-16のドーリーが完成しています

P1000951.JPG

 これからエンジン本体を作っていきます
posted by まいど! at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする